高岡市の遺品整理 体験談・体験談

A.Eさんの場合

亡き母は、洋裁が趣味でした。死後、家には大きなミシンと大量のハギレや糸が残されました。残しておいても私には使う技術がないので、処分することにしました。とはいえ大きくて量もあるので、私1人の手では難しそうでした。そこで遺品整理サービスをお願いしたのですが、業者はミシンや既にまとめてあるハギレだけを運び出すのではなく、部屋中に散乱した糸くずなども全て掃除してくれました。ハギレで埋もれていた部屋が綺麗になり、母も喜んでいるはずです。

A.Hさんの場合

人が亡くなってしまい通常でしたら、その家族や身内の人の手でやってあげる遺品の整理も、現在では業者に依頼するといった方法が取られるようになっています。個人的には大事な人の遺品は、自分でやってあげたいと考えていたのです。しかしながら大量の遺品となったものを目のあたりにして、その考えがぐらついてきたのでした。とても自分一人ができる量ではなく、人の手を借りたいと思い遺品整理サービスを利用して、全部片づけて頂いたのでした。

H.Uさんの場合

亡き母は、洋裁が趣味でした。死後、家には大きなミシンと大量のハギレや糸が残されました。残しておいても私には使う技術がないので、処分することにしました。とはいえ大きくて量もあるので、私1人の手では難しそうでした。そこで遺品整理サービスをお願いしたのですが、業者はミシンや既にまとめてあるハギレだけを運び出すのではなく、部屋中に散乱した糸くずなども全て掃除してくれました。ハギレで埋もれていた部屋が綺麗になり、母も喜んでいるはずです。

高岡市の詳細地域の体験談

  • 氷見市/小矢部市
このページの先頭へ