狭山市の遺品整理 体験談・体験談

S.Yさんの場合

 私の祖父が亡くなったとき、遺品整理と言って元々農業を営んでいて、大した遺産等はなく、土地は沢山ありますが、お金に代わる程のものではないのが現状でした。しかし、亡くなって半年程たったある日仏壇を整理していると、仏壇の裏側から古い木の箱が出てきました。中を開けてみると、何と江戸時代の通貨が山のようにでてきたのです。祖父の持ち物では無いのは一目でわかりますが、我が家にこんな物があるとはい思いませんでした。我が家の家宝にします。

O.Yさんの場合

家族が亡くなってしまうということは耐えがたいことであり、我が家も例外なくその通りでした。これからは片手無くしたような生活が始まるのでしょうが、精一杯連れ合いの分まで生きていきたいと思い、決心をしていたのです。それでも残した色々な遺品を見ているとたまらなくなり、このままの状態で生活していきたいとまで思うのでした。結局見ているだけで辛いので、遺品整理サービスの業者を使って整理してもらいました。気持ちが吹っ切れて良かったのです。

D.Eさんの場合

 私の祖父が亡くなったとき、遺品整理と言って元々農業を営んでいて、大した遺産等はなく、土地は沢山ありますが、お金に代わる程のものではないのが現状でした。しかし、亡くなって半年程たったある日仏壇を整理していると、仏壇の裏側から古い木の箱が出てきました。中を開けてみると、何と江戸時代の通貨が山のようにでてきたのです。祖父の持ち物では無いのは一目でわかりますが、我が家にこんな物があるとはい思いませんでした。我が家の家宝にします。

狭山市の詳細地域の体験談

  • 狭山市
このページの先頭へ