宗像市の遺品整理 体験談・体験談

O.Uさんの場合

海外旅行先の山で息子が行方不明になって10年の月日が経過しました。周囲からは亡くなったものだと考えて心の整理をしなければならないと勧められたのですが、頭でわかっていても体が全く動こうとはしませんでした。そこで、主人と相談して遺品整理業者のお世話になることにしたのです。私たちの手ではどうしても片付け作業を行うことができませんでした。全ての遺品をダンボールに詰めて頂き、納屋に収納して頂きました。いくらか心が楽になりました。

H.Oさんの場合

急きょ亡くなったとしても、今までの生活で使っていたものが沢山この世に残ることになりますが、それらは残された家族にとっては掛け替えのない遺品となり、また想い出深い懐かしいものとなっていくのです。心癒す一品ともなります。それらを取って置くだけで残された人の元気の元となり、生きていく支えともなります。しかし大量であるだけに全部とっておく訳にもいかず、皆さんがやっているように遺品整理サービスを利用して、片づけて頂いたのでした。

I.Nさんの場合

海外旅行先の山で息子が行方不明になって10年の月日が経過しました。周囲からは亡くなったものだと考えて心の整理をしなければならないと勧められたのですが、頭でわかっていても体が全く動こうとはしませんでした。そこで、主人と相談して遺品整理業者のお世話になることにしたのです。私たちの手ではどうしても片付け作業を行うことができませんでした。全ての遺品をダンボールに詰めて頂き、納屋に収納して頂きました。いくらか心が楽になりました。

宗像市の詳細地域の体験談

  • 古賀市/福津市/遠賀郡岡垣町/宮若市/遠賀郡遠賀町/鞍手郡鞍手町/鞍手郡小竹町/遠賀郡芦屋町/遠賀郡水巻町
このページの先頭へ