那覇市の遺品整理 体験談・体験談

A.Yさんの場合

独身だった60代の兄が病気で亡くなりました。一人暮らしで高層マンションに暮らしていたので、私一人では到底処分しきれない家財道具がありました。そこで、遺品整理の業者さんに頼んで処分してもらうことにしました。兄はインテリアが趣味でしたので、ある程度は業者さんのほうで買い取っていただけて助かりました。また、依頼した業者さんは再利用できる物は海外に寄付していると知りました。兄の形見が誰かの役にたってくれて嬉しいです。

U.Yさんの場合

実は祖母は認知症が進んでいたこともあって、不用品を集めては自宅に持って返ってくるというクセがありました。いわゆるゴミ屋敷になってしまっていたので、亡くなってからの遺品整理は相当大変だろうと思っていました。想像通り、祖母の死後家族5人全員で作業しましたが全く進まず、これでは埒が明かないと判断した父が遺品の整理サービスに頼んで処分をお願いしてくれました。あれほど作業していたのが嘘のように、すぐに作業が終わりました。

E.Nさんの場合

独身だった60代の兄が病気で亡くなりました。一人暮らしで高層マンションに暮らしていたので、私一人では到底処分しきれない家財道具がありました。そこで、遺品整理の業者さんに頼んで処分してもらうことにしました。兄はインテリアが趣味でしたので、ある程度は業者さんのほうで買い取っていただけて助かりました。また、依頼した業者さんは再利用できる物は海外に寄付していると知りました。兄の形見が誰かの役にたってくれて嬉しいです。

那覇市の詳細地域の体験談

  • 南城市/糸満市/豊見城市/宮古郡多良間村/宮古島市/石垣市/八重山郡竹富町/八重山郡与那国町
このページの先頭へ