キーワード「遺品整理 価格」関連の体験談

D.Fさんの場合

主人が年の暮れに亡くなりました。主人と2人暮らしでしたので、家には主人の遺品がたくさん残っていました。毎日遺品が生活の中で目につくと悲しくなるので、遺品整理サービスの業者さんに処分を依頼することにしました。少しでも早く悲しい気持ちから抜け出したいと思い、忙しい年の暮れでの依頼でした。しかし、来てくれた業者の方は、そんな私の気持ちを理解してくれ、丁寧に主人の遺品を整理してくれました。対応も良く、とても感謝しています。

O.Sさんの場合

まだ小学生だった娘を亡くし、夫婦2人だけの生活になりました。娘のために庭付きの戸建住宅に住んでいたのですが、庭も子供部屋も必要なくなったので、引越すことにしました。しかし庭のブランコや子供部屋の机などを、処分できません。処分しようとすると涙が止まらなくなるのです。そこで遺品整理サービスを利用することにしました。業者はテキパキと片付けてくれました。おかげで私も夫も気持ちの整理がつきましたし、引越しをして新しい人生を始めることができました。

O.Yさんの場合

亡くなった祖母の遺品を整理する為に、私と母で片付けを開始したものの祖母との思い出の品を目にする度に涙ぐんでしまい作業が進まずで悩んでいました。私も母も仕事をしているので早めに片付けを終了させなければと焦りもありました。遺品整理をしてくれるサービスがあると教えてもらって直ぐに電話で相談をしてみたら素早い対応をして頂き、直ぐに祖母の自宅での遺品内容を確認してから作業がスタートしました。実質見積もりと作業を入れても2日という素早さでした。

M.Uさんの場合

近所の方の紹介で、初めて遺品整理サービスに依頼しました。業者の方には迅速に対応していただき、見積もりの提案は遺族の立場に配慮してくださったものでした。業者の方も感じの良い方ばかりで安心できて良かったです。タバコのヤニがしみ込んだ物を嫌な顔一つ見せないで整理していただいて、本当に助かりました。作業終了後も室内の雑巾がけまでしていただいて、大変感謝しております。いろいろと相談にのっていただけて有難かったです。

A.Kさんの場合

少し前に家族が亡くなり、葬儀などで多忙な日々を送りました。その後遺品の片付けに取り掛かることになったのですが、残された家族も疲れているのもあり遺品整理サービスに頼んで形見分けなどを手伝ってもらうことにしました。頼んだ業者の方は事前に見積もりや提案で取り決めた日時に来てくれて、すぐに作業に取り掛かってくれました。多くの不要品を引き取ってもらい、また思い出の品はしっかりと手渡してくれました。その素晴らしい作業にとても感謝します。

A.Iさんの場合

私には年の離れた兄がいたのですが、先年闘病の末に逝去しました。兄は一人暮らしで、身内は私のみだったので葬儀などはかなり大変でした。しかしまだ遺品の片付けも残っており、大変だったので遺品整理サービス業者に頼みました。一旦業者の方に兄の家に来てもらい、見積もり後に契約となりました。そのため遺品の片付けはスタッフの方がほとんど行なってくれて助かりました。不要な遺品は全てトラックに積んで処分してもらい、形見を残す事が出来ました。

S.Tさんの場合

どうしても遺品の整理をする気が起きないので、業者を探して、お願いしたことがあります。本来は自分でやったほうがよいことではあるのですが、それができないので遺品整理をしてくれる業者を見つけて、仕事を依頼したわけです。業者は意外と多く、実はそこそこ選択肢があることに気づいたのです。一応、一番安いところにしようと思ったのですが、それに加えて評判も考慮して、決めたのです。なんだかんだ言っても値段が一番ですが、やはり評判も気になるのです。

N.Tさんの場合

実家の父が亡くなりました。父が住んでいた家はもう誰も住む予定がなく、今後は売却することになりました。そのため出来るだけ早く遺品の整理をする必要があったのですが、思うように作業がはかどらず困っていました。そこで遺品整理サービスを利用して、業者さんに対応をお願いすることにしました。とても実績数が多く、信頼できる会社だったので、作業に関しても安心してお願いすることが出来ました。綺麗に片づけて頂いてとても感謝しています。

I.Kさんの場合

私の家には一年前に亡くなった祖父の書斎があったのですが、荷物の量が多くて私たちでは整理が難しかったので、遺品整理を行ってくれるサービスを利用して書斎の道具や書物などの品物を片付けてもらうことにしました。私は今までにこのようなサービスは利用したことがなかったのですが、このサービスはサイト上でしっかりと流れを説明されているのでわかりやすかったです。また作業員の方も親切な方だったので、とても助かりました。

F.Nさんの場合

婚約者が結婚式前に急死して、ずっと泣き暮らしていました。しかし、周囲から説得されて遺品整理を行うことにしたのです。私にはとても辛くて厳しい作業でしたので、義姉に頼んで専門業者を雇ってもらうことにしました。立ち会いすら悲しくてできなかったのですが、後で聞いた所によると、一つ一つの遺品を優しく扱って下さったそうです。私の元に届いたダンボールには、とても丁寧に遺品が梱包されていました。遺族の心に寄り添って下さる業者さんでした。
このページの先頭へ