キーワード「遺品整理 料金」関連の体験談

H.Oさんの場合

一人暮らしのお婆ちゃんが亡くなり、親戚一同でお婆ちゃんの遺品の整理に行くことになりました。お婆ちゃんは長い間、病院暮らしで、家を留守にしてました。その為、家のなかは荒れ放題で手の付けようもありませんでした。我々で整理するのは大変なので、遺品整理やさんを探すことにしました。サイトで探したところ格安で遺品の整理をして頂けるところが見つかりお願いしました。整理の当日、私も立ち会いましたが、慣れた手つきで直ぐに作業終了しました。

D.Nさんの場合

95歳のお爺ちゃんが去年亡くなりました。お爺ちゃんは、骨董品を集めるのが趣味で、私達には、一切手をつけさせてくれませんでした。怖いお爺ちゃんです。ここで、問題が生じ、亡くなっても誰も手がつけられないのです。祟りが怖いという事があるかもしれません。遺品整理の業者さんにお願いをしする事になりました。お爺ちゃんの事を知らない方です、すいすいと仕事を行ってくれます。刀がみつかり、誰も引き取らず、引取り先、探しもお願いしました。

F.Nさんの場合

両親が亡くなって5年以上経つのですが、両親が住んでいた一軒家にある家財道具はそのまま放置したままでいました。しかし、家を解体して私達家族の家を立てる計画を立てたので、遺品整理の業者に頼んで整理をお願いしました。5年も時間が経つと、家財道具や遺品が劣化したりして、自分達だけで行うには危険で抵抗がありました。業者さんは、手慣れた様子で次々と分別して家具を運んでくれました。最後は掃除までしてくれ、おかげでさっぱりとしました。

O.Sさんの場合

インターネットで遺品整理業者を探している時に、実際に作業を依頼した人の評価が高い業者があり、そこに見積りを依頼してみました。最初の電話での問い合わせから見積り、契約までが迅速・丁寧で安心して任せる事が出来ました。実際の作業も、こちらの都合に合わせて行われましたが、快く対応してくれて助かりました。費用も他の業者よりも安く、依頼して良かったと思っています。知人から聞かれた場合には、紹介したいと思えるような業者でした。

K.Uさんの場合

離れて暮らしていた母親が亡くなってしまい、葬儀も法要も滞りなく終わったのでしたが、父が亡くなってからというもの一人で生活していたので、両親二人分の遺品がわんさと残されたのでした。これを片づけるのも子供の役目です。家中のものを片づけるのはとても大変なことで、タンスのような大きなものなど手に負えないので、どこかに頼みたいと考えていました。そんな折に目に付いた遺品整理サービスを使って、数点を残して全部やって頂いたのでした。

A.Nさんの場合

数年前に離婚した夫が急死してしまいました。他に身寄りのない人でしたし、子供にとっては父親でしたので、私が遺品整理を行うことにしました。しかし、揉め事が多くて不快な気分で別れた人でしたので、正直気が進まなかったのです。業者さんに全てを託すことにしました。子供に残すための遺品以外は全て処分してもらうように、事前の打ち合わせで伝えました。すると、丁寧に梱包されて手元に届けられたのです。こういった業者さんがいて下さって助かりました。

F.Sさんの場合

同じ町内の方が先日亡くなりました。みんなから好かれている元気な方だったので私たちの驚きも大きかったです。その方は1人暮らしだったので普段から親しくしていた私が息子さんに連絡を入れたところすぐに駆けつけ葬儀が行われました。葬儀後息子さんとお話をしていると、家の遺品の整理などで悩んでいたので遺品整理サービスを教えてあげてそれを利用することになりました。後に感謝の手紙を頂き遺品の整理などの業者さんの対応も丁寧で満足しているようでした。

F.Iさんの場合

以前祖母が亡くなり、お葬式後に遺品の整理を遺品整理サービスを使って行いました。インターネットで簡単に見つけた業者でしたが、私たち遺族の心情を汲み取ってくれた、とても温かい対応に家族一同感謝しています。時間が無かったのと、どこに依頼すればいいか全く分からず、手っ取り早いであろうという考えからインターネットで業者を探しました。言うなれば、飛込みみたいなものです。それなのに、こう言う素晴らしい業者に出会えたのは奇跡です。

M.Uさんの場合

私には少し年の離れた弟がいるのですが、その弟が半年ほど前に亡くなりました。弟は一人で暮らしており、遠方に住居を構えていたので私も中々遺品の整理までは手が回りませんでした。そこで遺品整理会社の人に作業を頼みました。遠方の場所での遺品の片付けということで、料金や条件を心配していたのですが業者の方の対応や見積もり内容も良かったので決めました。また遺品の一部は私の手もとに残しておきたかったので、宅配便で配送もしてもらえました。

U.Yさんの場合

先日、一人暮らしの叔母がベッド上で亡くなってしまいました。2週間程してから発見されたようで、ベッドには体液が強く染み付いて腐臭が漂っていました。アパートのオーナーにすぐに部屋を返すようにいわれてしまい、 遺品整理サービスを利用しました。担当の方は、まず部屋の除菌をしてくれました。特に、体液の周辺は入念に行ってもらいました。また、不要な寝具、家具なども速やかに処分してくれました。おかげで、部屋を綺麗な状態で引き渡せました。
このページの先頭へ