キーワード「遺品整理 料金」関連の体験談

K.Oさんの場合

自分で遺品整理をするのが面倒なため、業者に任せることにしました。まずは業者に電話をして、見積もり日時を決めました。やがて見積もり日時がやってきて、その場で金額を提示してもらい、それに承諾して作業をお願いしました。専門の業者だけあって、すべての作業を1日で終わらせていました。その後、見積もり金額を支払うことになりました。もし自分で作業をしていたら、少なくとも1週間作業しなくてはならないような状態でした。手間が省けて助かりました。

I.Tさんの場合

しばらく前から入退院を繰り返していたおじさんが亡くなったため、その家を整理することになりました。親戚や家族が少なく、なかなか手を借りることができないようなので、専門の業者に遺品整理を依頼することにしました。こちらの要望に合わせて、不要なものと残しておきたいものをてきぱきと分離してくれたおかげで、予定していた日程よりもだいぶ早い段階で切り上げることができました。また困ったことがあれば、力を貸してもらいたいものです。

K.Tさんの場合

古い土蔵の中に曽祖父から父に至るまでの遺品が数多く残されていたのですが、土地を処分して海外に転居することになりましたので、遺品整理業者さんのお力を借りることにしました。屋根まで届くような荷物で溢れ返っていました。大量の荷物ですので、かなりの時間がかかるのではないかと思ったのですが、一週間以内で全ての荷物を処分して頂くことができました。骨董品などは、しかるべき業者さんにきちんと引き取って頂けたということでホッとしています。

A.Nさんの場合

自分で遺品を片付けている暇がなかったので、インターネットで見つけた遺品整理業者に作業を依頼しました。それ以前に全く付き合いのなかった業者ですので、正直言って一抹の不安を感じていましたが、とても良い業者だったと思ってます。 私は作業当日に立ち会うことができなかったのですが、引き出しの奥で見つかった小銭までしっかりとより分けて渡してくれました。また、作業後はゴミ一つ落ちていない状態になっていましたので、その業者に頼んで良かったと思っています。

T.Yさんの場合

遺品整理業者を探していて、見積もりを比較し、コスト面や対応の良さで業者を決めました。見積もりの際、こちらの要望に対して明確な回答をもらえ、ハキハキした対応に好感がもてました。暑い中もテキパキと作業していただけました。遺品も自己判断で廃棄せず、こちらに確認してくださったので助かりました。気分が暗くなりがちな作業だと思いますが、すべての作業が手際よく、とても気持ち良かったです。おかがでこちらの気分も明るくなりました。

D.Kさんの場合

単身赴任中だった私の兄が亡くなり、その葬儀やあいさつ回りなどでしばらく忙殺されることになりました。また兄の住んでいた賃貸マンションも賃料の支払期限もあったため、出来るだけ早く引き払う必要があったのです。そこで遺品の整理サービスを行なっている業者に電話をして見積もりに来てもらいました。急いでいることを告げると、すぐにでも作業が出来るとのことでしたので、翌日に遺品整理をして頂きました。おかげでだいぶ負担が減りました。

I.Mさんの場合

ご家族の方がお亡くなりになられた時、葬儀の段取りや役所への届け、知人や友人へのご挨拶と、大変慌ただしい状況になられる方が多く居られます。無き故人の思い出とともに遺品の整理を行う時間さえ作ることが出来ない方も居られます。私の親族が亡くなった際も、私自身が大変忙しく動き回り、遺品整理をなかなか行うことが出来ない状態になり、代行してくださる業者に依頼した思い出があります。きめ細やかなサービスで、安心してお任せすることができます。

F.Hさんの場合

老人ホームに一人で暮らす叔母が急逝しました。叔母には子供がいなかったため、高齢の私の父が相続人になりました。父も入院していたため、私が遺品の整理をすることになりました。整理の時間もないため、業者に依頼することにしました。ネットから簡単に遺品整理業者を探すことができ、遺品の整理を依頼しました。業者さんは、遺品を確認して、不要なもの、必要なものに区分けされていました。手際よく作業をされて、およそ半日ほどで終わることができました。

K.Yさんの場合

先日、姉が亡くなったのですが、私たちは二人共独身で身寄りがなく、私もそれなりの歳なので、姉が住んでいた部屋の片付けを独りでするのは荷が重い作業でした。そんな時に、友人が教えてくれたのが、専門の業者でした。それは遺品整理の専門業者でした。体力的に私が自ら動くことは出来ませんでしたが、現場で指示を出すことは出来ました。そうして、残したいものはしっかりと残し、それ以外のものはきちんと整理することが出来て助かりました。

M.Nさんの場合

独居老人が増えていて、遺族が遺品整理を業者の人にお願いする場合が多いようです。遠くに住んでいたり、仕事で忙しい等、いろんな理由があるので当然だと思います。実際、想像しただけでも辛い作業になると思います。親が住んでいた家には思い出も詰まっているでしょう。大事な物が何処かに置いてないか、じっくりチェックをした後は業者に任せて処分をして貰った方が気持ちもスッキリすると思います。持っていて辛くなる物は処分した方が良いです。
このページの先頭へ