キーワード「遺品整理 料金」関連の体験談

M.Uさんの場合

先日、大好きだった祖母が他界してしまいました。祖母はいろいろとコレクションをするのが趣味で、着物や時計など、私が把握しているだけでも100点以上の品物があり、一人ではどうすることもできないのでプロに手伝って頂きました。祖母が大事にしていた品の遺品整理なので、丁寧に取り扱ってくれる業者にお願いしたいと思っていましたが、こちらのスタッフの方は皆さん本当に良くして下さる方ばかりでした。祖母も安心して天国から見守ってくれていると思います。

D.Oさんの場合

先日の話です。遺品整理を業者に依頼しました。業者に依頼したのですが、インターネットを利用してどこに依頼したらよいのかをチェックした上で依頼先を決定しました。優良事業所としてとても有名な所に依頼しました。実際に、当日を迎えたのですが、実にスピーディーに対応してもらうことができました。これにより、安心して業者に依頼することができましたし、とてもすっきりと致しました。整理を優良な業者に依頼してとても良かったです。

H.Sさんの場合

遺品整理の業者に依頼したことがあります。さすがに亡くなってすぐではなく、二年過ぎてからにしたのです。どうしても整理することに躊躇いがあったからです。ですから、業者にお願いして、整理、処分をしてもらうことにしたわけです。意外と安くて、十万円以下でやってもらうことができましたので、個人的にはかなり満足しています。処分費用も含めてですから、これは相当安いサービスです。何度もやることではありませんが、機会があればまたお願いするつもりです。

I.Uさんの場合

遠い親戚が急に亡くなりました。あまりにも急だったのでほとんど家の片づけなどもしておらず、遺品整理がとても大変だと思いました。仕事もあるのであまり整理に時間が掛けられないので、どうしたら良いのかと考えていました。そんな時に知ったのが、遺品を整理してくれる業者さんのサービスです。連絡してところすぐに自宅に来てもらうことが出来ましたし、思っていたよりも料金が安く対応してもらうことが出来たので、お願いして良かったと思います。

F.Kさんの場合

兄と義姉が交通事故で亡くなってしまいました。両親も亡くなっていて、義姉の両親も遠方に住んでいるため、遺品の整理は私がすることになりました遺品整理サービスで対応する業者を探しました。電話で何度か話をしてきてもらいました。仲がよかった兄のものです。何でも想い入れが入ってしまいます。義姉のものも、一緒に過ごした時のことを考えると兄と同じ気持ちになります。整理することも供養だということを教わり、業者の人と一緒にやらせて頂きました。

K.Uさんの場合

主人が死んで5年の月日が経過しました。夫婦仲がとても良くて楽しい毎日でしたので、この世にいないことが信じられずに、遺品はずっとそのままになっていました。洗面台の歯ブラシすら片付けることができませんでした。全ての片付けは遺品整理業者さんにお願いしました。自力ではとても無理な作業だったからです。夫の持ち物を全部取り出して分類して頂きました。途中で涙が出そうになりましたが、業者さんに優しい言葉をかけて頂いて慰められました。

A.Fさんの場合

急に逝ってしまった弟のアパートを引き払うために上京しました。知人に勧められ、今回遺品整理サービスを利用しました。一人だったらどこから手を付けていいのかわからなかったと思います。日記や写真は持って帰りたい旨を伝えました。4人で手際よくやっていただき、貴重品、写真等は見つかり次第私のところに持ってきてくださり一緒に確認をしました。洋服などは持って帰れないので、処分をお願いしました。荷物の整理で、私の気持ちも少し切り替えられたと思います。

O.Yさんの場合

親が亡くなり、私自身は親元から離れて暮らしていた事もあり、何回も実家と行き来することが出来ないというのと、整理と言っても何をしたら良いのか分からないので、ネットで調べてすぐに遺品整理の業者さんにお願いしました。すごくスピーディー且つ親切・丁寧な対応で、驚くべきことに見積りから明け渡しまでわずか2日で完了してくれました。長期滞在は仕事の都合上どうしても出来なかったのですごく助かりました。お願いして良かったなと思っています。

I.Oさんの場合

遠い親戚が亡くなったのですが、身寄りのない人だったので私が遺品の整理をすることになりました。しかしあまりにも家財が多いのでとても自分では全て処分することが出来ないと思いました。そのため業者に依頼をしました。遺品整理サービスの専門業者さんに対応をお願いしたのですが、短い時間ですぐに対応してもらうことが出来たので良かったです。思っていたよりも安い料金で対応してもらうことが出来たので、とても良かったと思いました。

O.Sさんの場合

息子が一人暮らしをしているアパートで亡くなりました。突然の死に何も出来ないほど妻と落ち込んでいたのですが、アパートの引き払いで早々に退去する必要がありました。そこで私達夫婦に代わって、業者さんにお願いしました。作業をしてくれた遺品整理の業者さんに事情を話したところ、明らかにゴミとされるもの以外は丁寧にダンボールに入れて、自宅まで送り届けてくださいました。ひとまず部屋の退去手続きができる状態にまで仕上げてくれ、助かりました。
このページの先頭へ