キーワード「遺品整理業」関連の体験談

I.Kさんの場合

私は家族を先日なくしました。その際、部屋の遺品整理を専門業者にお願いさせて頂きました。どうしても自分で整理してしまう気持ちになれなかったからです。専門の業者の方ですので作業はわずか1日で終了しました。作業はとてもスピーディーで決してキレイに整頓されていたとは言い切れない部屋でしたが整頓して清掃までして下さいました。遺品の整理はどこにお願いして良いのか正直わかりませんでしたがこの企業様にお願いしてとても助かりました。

I.Sさんの場合

私の姉は82歳でした。夫もおらず、一人で実家で暮らしていました。そんな姉が急に亡くなりました。私も体が悪く、子供たちも遠方に住んでいるので誰も片付けに行くことができません。遺品や生活用品がそのままの状態では気になります。遠方でも駆けつけてくれる遺品整理の会社を知りました。電話で連絡して仕事を依頼しました。対応がとても早く少し立会いをして作業を始めました。1日で片付きますといわれ本当にその日のうちに整理をしてくれました頼んでよかったです。

K.Yさんの場合

遺品整理をお願いしたのですが、私の利用した所は見積もり無料、相談無料、キャンセル料無料と良い条件が揃っていました。サービスは依頼したのですが、貴重品など大事な物はきちんと分けて、すぐに聞いてくれるのは良かったです。作業の時間は全く掛からず一日で終わると思っていませんでした。遺品を丁寧に扱ってくれていたのも凄く嬉しかったです。サービスの内容も非常に良く、遺品のクリーニングや掃除なども細かくしてくれて、本当に感謝しています。

M.Uさんの場合

姑の介護の傍らで舅の遺品整理を行うのは困難を極めました。休みの度に主人が汗を流して頑張っていたのですが、全くはかどらなかったのです。主人の兄弟たちはそれぞれ遠方に住んでいましたので、援軍を頼むこともできませんでした。遠くの親戚より近くの他人ということで、専門の業者さんに頼むことにしました。家の中に寝たきりの姑がいましたので、あまり騒がしくないように作業を行って頂くように頼んだのですが、しっかり守って下さって有難かったです。

E.Kさんの場合

ずっと一人身を通してきた叔母が亡くなり、親族の中で一番近い間柄である私が遺品整理を行うことになりました。叔母が住んでいる場所がかなり遠方であったため、仕事などでなかなか時間を作ることができず困っていました。そんな時、友人から代行してくれる業者があるのを教えてくれました。早速問い合わせたところ、すぐ対応してくれました。仕分け作業だけでなく、掃除も行ってくれ、とても助かりました。処分するものもすべて引き取ってくれました。

T.Yさんの場合

業者さんに主人の遺品整理をお願いしました。本来であるならば、妻である自分がやるべきことだと思うのですが、年のせいで体の自由もきかず体力ももちませんので、全てお任せすることにしたのです。本当に助かりました。片付けの途中には、必ず報告と相談を欠かさず行って下さいました。皆さん親切な方ばかりでした。最終的に大事な形見がダンボールに詰められて手元に届きました。これから私が入居するホームに持ち込める量にして頂きました。

E.Tさんの場合

同居していた祖父が亡くなり、家族で整理をすることになりました。細かい物などは家族で片付けましたが、大きな家具などはどうしても動かすことができませんでした。そこで、地元で遺品整理をしてる業者さんに依頼をしました。業者さんは3名で来てくれ、大きな家具などを手際良く運び出してくれました。また、タンス等から出てきた大切な手紙はすべて渡され、処分するかどうか確認されました。片付けは2時間で終わり、とても綺麗になりました。

A.Dさんの場合

私は、絵に描いたような仕事人間でした。家庭のことや子供のことは全て妻に任せ、仕事一筋に生きてきました。定年退職後も、その生活は変わりませんでした。そんなある日、妻が交通事故で突然他界してしまいました。茫然としました。妻の不在が悲しかったです。そして、妻の遺品をどう整理したらよいのかわかりませんでした。そこで、プロに頼もうと遺品整理サービスを利用しました。仕事は的確で、一日で妻の遺品を整理してくれました。とても感謝しています。

H.Iさんの場合

亡くなった母が住んでいた地域は、ゴミの分別ルールがかなり厳しい所でした。母が住んでいた家には、食品類なども残されているはずでしたから、なるべく早く片付ける必要があったのですが、忙しくてなかなか行けませんでした。 そこで、遺品整理業者に頼みました。作業当日は立ち会うことができなかったのですが、後日行ってみたところ、その地域のルールにのっとってきちんと不用品が分別されていたので、余計な手間がかからず、本当に助かりました。

O.Yさんの場合

初めて遺品整理の話を知ったのはテレビの特集番組でした。最近はこんなビジネスが出て来た、という気持ちになったものでした。確かに何かと忙しい現代人、親が遠くに住んでいて亡くなったからと言ってお葬式以外に会社を休めません。そんな時に専門の慣れた業者さんにお願いしたい気持ちが良く分かります。信頼の於ける業者さんはとても忙しいようですが、遺族の気持ちを理解してくれるようです。親身な仕事をしてくれる所に私ももしもの時は頼みたいと思っています。
このページの先頭へ