キーワード「遺品整理業」関連の体験談

T.Uさんの場合

昨年他界した主人の遺品の片付けを息子と二人で行っていたのですが、全く初めてのことでしたので、何をどうしたらいいのかわからないような状況でした。息子も時間の無駄だと申しますので、遺品整理業者を利用することにしました。捨てる物の処分手続きも、残しておく物の梱包も全て迅速に進めて下さいました。とても頼もしくて心強かったです。スタッフの方と話をしていた息子も、その対応の丁寧さに感心していたようです。主人もホッとしていると思います。

I.Mさんの場合

母が亡くなり最初の法要が終わりました。母の遺品の整理もしなくてはなりませんが、前向きな気持ちになれずにいました。自分たちでは無理だと思い、遺品整理サービスにお願いすることにしました。何でも愛着が出て出来なかったからです。すぐに駆けつけてくれました。母の思い出話などもお話しさせて頂き、その中で選別を行っていただきました。接しているうちに、整理するのではなく供養すると言う気持ちに変化して行きました。今では晴れやかな気持ちになっています。

K.Tさんの場合

仕事の鬼だった父の書斎は、沢山の書籍や書類で溢れかえっていました。それを一つ一つ片付ける作業を行っていたのですが、いつになったら終わるのかわからない程の膨大な量だったのです。母と相談して遺品整理業者を雇いました。中には会社に返却しなければならない書類があったらしいのですが、会社の方に来て頂いて業者側に指示して頂きました。こうして、無事に捨てるものと残すものを仕分けして頂きました。感心する程手際良く丁寧な作業でした。

M.Nさんの場合

町内会で孤独死したご老人が出ました。親族も見つからず、ホームクリーニングも含めて遺品整理サービスを呼びました。このようなサービスがなければ家の中に入りたがる方もいないので、言葉にならないほど助かりました。最終的にお宅を引き払えるほど遺品の整理からお掃除までして頂き、至れり尽くせりのサービスでした。ご老人の孤独死の多い昨今、重宝されるサービスだと感じました。大切な遺品はご供養もして頂き、こちらとしても安心しました。

I.Yさんの場合

親戚が亡くなり、住む人がいなくなった自宅を処分することになりました。そこで残された遺品を片付けなければならなかったのですが、遠い場所にあり仕事も忙しく休みを取ることが出来なかったため、すべて業者に任せることにしました。どの業者に依頼するか迷ったのですが、ネットで良い口コミが多かった業者を選びました。遺品整理サービスを利用した結果、たくさんの遺品を短時間で効率良く整理することが出来たので、プロに任せて本当に良かったと思っています。

F.Iさんの場合

田舎で一人暮らしをしていた祖母が亡くなり、自宅の整理をすることになりました。仕事の都合で長く滞在することが出来なかったので、専門の業者さんに依頼をしました。急いでいることを伝えると、当日に見積もりを作りに来てくれました。翌日午前中には遺品整理を始めてくれました。作業は5人で手早く行なってくれました。作業中に見つかった貴金属や金品が見つかると、袋に入れた渡してくれまいた。急いで作業してくれたので、滞在期間も短くてとても助かりました。

M.Uさんの場合

この間の話です。色々と遺品整理を行いました。初めてのことだったので、どこに依頼するのが良いのかよくわかりませんでした。ですから、私としてはインターネットを利用して業者を比較検討するところからスタートしました。インターネットをチェックしてみると、色々な対象で比較することができるサイトがありました。金額面、知名度等でした。これらの内容をしっかりとチェックして良い所に依頼しました。比較検討して業者を探したのがとてもよかったです。

I.Nさんの場合

遺品整理サービス業者に遺品の整理をお願いしたことがあります。費用としては、十万円くらいかかったのですが、処分もお願いできましたから、個人的にはかなり安かったと思っています。やってよかったと確信できます。そもそも自分でやるべきことなのですが、どうしても心の整理が出来なかったのです。しかし、それでも整理は必要ですから、いつかはやらないといけないのです。ですから、業者にお願いして、不用品を処分してもらったわけです。

D.Oさんの場合

わたしは、公営住宅で、主人と義理の父と私で生活していました。しかし、ある日、義理の父が突然亡くなってしまいました。私たち夫婦で遺品の整理をしたのですが、義理の父の部屋にある大型仏具をどうすれば良いのか分かりませんでした。 そのまま置いていても邪魔になると考えて、遺品整理サービスを利用して相談することにしました。すると担当の方が、自宅にいらっしゃって見積もりをしてくれて、即、引き取ってくれました。おかげで、きれいに整理できました。

M.Tさんの場合

一人暮らしをしていた叔母が亡くなり、遺品を整理をすることになりました。形見分けを終えた後、残ったものをどうしてよいかわからず、遺品整理をしてくれる業者に依頼することにし、まずは見積もりして貰うことにしました。その結果、作業員2名で約7万円だったのでお願いすることにしました。形見分けは済んでいたので、残りの買取可能なものはその場で現金に換えてもらい、不要なものは廃棄してもらいました。手際よく遺品の整理ができ助かりました。
このページの先頭へ