キーワード「遺品整理業」関連の体験談

A.Oさんの場合

弟は結婚しているのですが、そのお嫁さんのお父さんが亡くなってしまったそうで、お嫁さんの実家を片付けることになりました。とはいっても、全く親交もなかったですし、お嫁さんはストレスで入院してしまっている状態です。色々なものの区別をつけるのも難しかったので、こうしたことを得意としている専門業者を探してみると、遺品整理サービスを見つけることが出来ました。なので、お願いしてとりあえずは荷物の整理だけしてもらいました。

F.Iさんの場合

見寄りのない知人が無くなったため遺品の整理を頼まれました。しかし実際に遺品の数々を見てみると思っていたよりも数が多く、自分一人でやり終える自信が無かったため、どうしたら良いか途方に暮れてしまいました。そこでネットで情報を集めている時に知ったのが遺品整理サービスを利用する方法で、早速依頼してみたところすぐに対応してもらうことが出来ました。おかげでたくさんの遺品も短時間で整理してもらえたので本当に助かりました。

A.Hさんの場合

自分達で行なうつもりだった祖母の遺品整理を、身内が遺品の整理の業者に依頼しようと言い出し、そんな仕事の存在も知らなかった私は驚きました。しかしネットで調べてみると本当に存在し、資格まであることに驚きました。見積もりして、整理の作業に来て下さったスタッフさん方は、皆お若いのにしっかり礼儀があり、作業もテキパキされていてとても好感がもてました。支払いの金額も見積もり通りで、依頼して良かったとおもっています。

M.Sさんの場合

いつまでも亡くなった人のものが置いてあると言われても、やはりこれだけは譲れないというものがあり、その人がこの世に生きていた証ともなる遺品は、やすやすとは処分できないものです。自分が生きている間は守り続けたい一品なのです。葬儀が終わってからはしばらく何も考えられなくて、呆然としていたものですが時の流れは有難く、その後は遺品の整理をすることができたのです。遺品整理サービスを利用して、業者に滞りなくやって頂いて良かったのでした。

F.Sさんの場合

ずっと一人身を通してきた叔母が亡くなり、親族の中で一番近い間柄である私が遺品整理を行うことになりました。叔母が住んでいる場所がかなり遠方であったため、仕事などでなかなか時間を作ることができず困っていました。そんな時、友人から代行してくれる業者があるのを教えてくれました。早速問い合わせたところ、すぐ対応してくれました。仕分け作業だけでなく、掃除も行ってくれ、とても助かりました。処分するものもすべて引き取ってくれました。

A.Kさんの場合

業者さんに主人の遺品整理をお願いしました。本来であるならば、妻である自分がやるべきことだと思うのですが、年のせいで体の自由もきかず体力ももちませんので、全てお任せすることにしたのです。本当に助かりました。片付けの途中には、必ず報告と相談を欠かさず行って下さいました。皆さん親切な方ばかりでした。最終的に大事な形見がダンボールに詰められて手元に届きました。これから私が入居するホームに持ち込める量にして頂きました。

I.Tさんの場合

同居していた祖父が亡くなり、家族で整理をすることになりました。細かい物などは家族で片付けましたが、大きな家具などはどうしても動かすことができませんでした。そこで、地元で遺品整理をしてる業者さんに依頼をしました。業者さんは3名で来てくれ、大きな家具などを手際良く運び出してくれました。また、タンス等から出てきた大切な手紙はすべて渡され、処分するかどうか確認されました。片付けは2時間で終わり、とても綺麗になりました。

K.Yさんの場合

昨年、遠くに住んでいた身内が亡くなりました。ほとんど付き合いなどなかったのですが、本人から頼まれて、住んでいた賃貸アパートの保証人になっていました。そのため、死後に大家から部屋の明け渡しを要求されました。 でも、私自身、仕事がありますので、付き合いのほとんどなかった身内のために、遠方まで部屋の片付けをしに出かけて行くことはできません。そこで利用したのが、遺品整理サービスです。1日で部屋を空っぽにしてもらえて助かりました。

M.Sさんの場合

知人が亡くなったのですが見寄りがなかったため自分が遺品の整理を行うことになりました。しかしいざ整理を始めてみると、思ったよりも遺品の数が多く慣れない作業ということもあり、なかなか進まず困ってしまいました。そんな状況の中で知ったのが遺品整理サービスです。早速依頼してみたところ、迅速かつ丁寧に作業をしてもらえました。無事にすべての遺品を整理することが出来たのでサービスを利用して本当に良かったと思っています。

M.Sさんの場合

父は生前いろいろなことに興味を持っていましたので、遺品がとてもたくさんあってどう処分したらいいのか困っていました。そこで遺品整理サービスというものがあると知ってそれではその会社に依頼しようということになりました。父の遺品はテレビなどの電化製品から日曜大工で自分で作った物など多岐にわたりましたが、プロの手にかかると手際よく問題なく片付きました。遺品は私たち家族だけではさばききれず親類縁者などの人たちにもらってもらいました。
このページの先頭へ