キーワード「遺品整理」関連の体験談

A.Kさんの場合

父が死にましたので遺品整理をしてもらいました。遺品整理をするにはヒィと出が足らず手伝いを依頼しました。幸い何事も無く対応をして頂けて良かったです。

M.Tさんの場合

中々一人では遺品整理が続けられず、代わりにやってもらいました。手間がかからず、良かったです。

E.Fさんの場合

私は長崎に住んでいるのですが、毎週末北九州の父の遺品を整理しに行くのが大変で、業者さんに依頼しました。貴重品以外は全て廃棄。幸いこれでかなり早く作業は完了できました。

K.Tさんの場合

かなり大変な作業でしたが、大型の家電や荷物類を全て廃棄してもらいました。遺品整理を外部の方に頼むのは最初は抵抗がありましたが、何事も無く完了して良かったです。

A.Sさんの場合

母に続いて父も後を追うように亡くなり、遺品整理が二人分という自体になりました。早めに整理を進めたいと考えていたので、一族総出でやりましたが実家は広く、中々進みません。業者さんに頼んだのはそういった理由からですが、何とか対応をして頂けていて頼もしいものでした。

H.Kさんの場合

元々物が少なかったので、遺品整理はすぐに済みました。こんなに早く済むなら、わざわざ専門業者にお願いする必要はなかったですね。でも、業者さんはテキパキとやってくれたので、とっても頼りになりました。どうもです。

A.Dさんの場合

姉が結婚式の翌日に病死してしまいました。あんなに幸せな顔をしていたのに、今でも思い出すと胸がつまります。遺品整理をする必要が出てきたのですが、とても自分達だけでは出来そうにないので、業者にお手伝いしてもらいました。

M.Uさんの場合

私の実家は石川県にあるのですが、仕事の都合で、私は今、沖縄に居ます。父が亡くなったのを聞いたのも沖縄でした。遺品整理をしなければいけませんが、仕事の都合もありますしそう長い間は居られません。兄弟も居ないし、親族も父の遺品整理には及び腰で、しょうがないので業者に頼みました。親身になって相談していただきましたので、安心しておまかせできました。

M.Uさんの場合

親族の居ない知り合いの、数少ない友人として遺品整理をさせてもらいました。長年仲良くしてもらいましたので、遺品には色々な思い出がありましたが、遺族でもないのにそんなに形見分けの品をもらえるわけでもありません。とりあえず、一緒にとった写真だけもらい、あとは処分してもらいました。

M.Uさんの場合

疎遠だった母が、脳梗塞で死にました。残った遺品については、特に思い入れもなかったので捨てようと思ったのですが、量が多すぎて一人では捌ききれず、業者さんに手伝ってもってどうにか片付けられた次第です。本当に助かりました。
このページの先頭へ