キーワード「遺品整理」関連の体験談

A.Mさんの場合

遠方に住む父が、心筋梗塞で帰らぬ人となりました。遺品については、貴重品と写真を残して全て処分となりましたが、大量のゴミを処分したら、本当に、片手に持てる程度の鞄いっぱいで済んでしまう遺品の量となりました。

O.Sさんの場合

実家の遺品整理を依頼しました。もう10年ほど放置していたので、ホコリを被った遺品を、一つ一つていねいに整理していただきました。ようやく父と母の死と向き合えたような気がします。

F.Kさんの場合

遺品整理は早めに進める方が良いと思います。私の母が滋賀に住んでいて亡くなった時、いつまでも片付けずにいたので、虫が湧いたりしてしまいました。辛いけれどきちんと業者さんを呼んででも片付けた方が、新たな一歩を踏み出せます。

H.Sさんの場合

少し前に、母が亡くなり後を追うように父も亡くなってしまいました。なので、二人分の遺品整理をしなくてはいけなかったのですが、2人が住んでいたのは賃貸マンションだったので、すぐに遺品整理を行わなければいけませんでした。時間も限られていますし、作業を行なうのは私一人だったので、絶対に間に合わない!と感じたので、こちらを利用させていただきました。業者さんはその日作業を完了させてくれたので、残りの手続きを余裕を持って行なうことが出来ました。

E.Oさんの場合

亡くなった父の遺品整理をのんびりとやっていたのですが、土地を更地にして売ることが決まったので、すぐに完了させなければいけなくなりました。そこで、業者さんに依頼をしてすぐに遺品整理を行なう事にしたのです。残された時間もあまりなかったので、すぐに連絡をして打ち合わせを開始しました。提示された金額にも納得することが出来たので、作業を依頼。依頼後はすぐに作業が完了しました。

E.Sさんの場合

先日品整理の依頼をしました。思い出の沢山詰まった品物を自分だけで整理するのはとてもじゃないですが、無理だと感じたからです。なので、專門の業者さんに手伝ってもらうことにしました。業者さんと一緒に遺品整理をしたおかげで、無事作業を完了させることが出来ました。きっと自分一人ではここまで整理することが出来なかっただろうなと思っています。ありがとうございました。

I.Oさんの場合

亡くなった姉の遺品整理をお願いしました。色々と口うるさい姉でしたが、いざいなくなると、結構寂しいものですね。遺品整理をやって実感しました。業者さんが励ましてくれたので気持ちが楽になりました。

E.Iさんの場合

息子は女装癖を持っておりました。なので、息子が病気で亡くなった後、遺品整理を業者の人にお願いしましたが、正直凄く恥ずかしかったですね。でも、業者さんは「気にしなくていいですよ」と言ってくれたので安心しました。ありがとうございました。

A.Mさんの場合

突発的な事故で父が亡くなってしまいました。本当に突発的な出来事だったので、今でも呆然としております。遺品整理をする必要が出てきましたが、自分ではとてもやる気力がなかったので、業者さんに委託しました。業者さんは丁寧に遺品整理を行ってくれたので良かったです。

A.Tさんの場合

亡くなった、母の遺品整理をしている時、後を追うように父が無くなりました。一度に二人分の遺品整理が必要になり。私の手には負えないようになたので、業者さんの力をお借りしました。お陰できちんと遺品整理を終わらせることが出来ました。
このページの先頭へ