宮城県の遺品整理 体験談・体験談

N.Tさんの場合

宮城県在住です。祖父が亡くなったので、遺品整理のために部屋を片付けることにしました。一人暮らしで、今後も誰かそこに住むことはしばらく考えていません。そこである程度の家具などの処分が必要でした。ネットで調べてみると、遺品整理と一緒に不用品も処分してくれるところがあったので、その業者さんに依頼して遺品整理を手伝ってもらいました。とても助かりました。

H.Uさんの場合

父が交通事故で亡くなりました。突然の事なので物品の取捨が出来ず、身辺の整理が進みません。母親も病弱なので駆り出すこともできずにいます。子供たちでは難しいと感じたので、遺品整理の専門業者にお願いすることにしました。品物によっては供養が必要と言うのは知っていました。それに該当するものが分かりませんでした。量が多いにもかかわらず、丁寧に選別して頂きました。我々では判別が付かないことが多かったです。これも供養だと思い感謝しています。

E.Fさんの場合

亡くなった祖父母の家の片付けを行っていた時の話です。大量の日用雑貨で溢れていたことで作業が難航していたのですが、その中でも特に仏壇の扱いに困り果てていました。下手に動かしてはいけないと聞いたことがあったからです。そこで、遺品整理の専門業者に聞いてみることにしました。すると、魂抜きをした上で別の家に搬入することができるということです。そこで、お任せすることにしました。仏壇だけでなくゴミの処分もして頂き、本当に助けられました。

N.Tさんの場合

父が交通事故で亡くなりました。突然の事なので物品の取捨が出来ず、身辺の整理が進みません。母親も病弱なので駆り出すこともできずにいます。子供たちでは難しいと感じたので、遺品整理の専門業者にお願いすることにしました。品物によっては供養が必要と言うのは知っていました。それに該当するものが分かりませんでした。量が多いにもかかわらず、丁寧に選別して頂きました。我々では判別が付かないことが多かったです。これも供養だと思い感謝しています。
このページの先頭へ